海外で働く事が出来る~英語力を生かして海外で働KO!~

就労ビザの取得

海外へ行くことの意義

English Teaching

ワーキングホリデーとは、二国間の協定によって定められた特殊なビザの一つです。この制度では、唯一年齢制限があるものの、誰でも応募することができます。このビザの特徴は、海外での就労が正式に認められているビザであるということです。通常、就労ビザを取得しようと思うとかなりの労力や時間、そして費用をかけることになります。しかし、このワーキングホリデーという制度を利用すれば、海外での休暇を楽しみながらそれにかかる費用をねん出するために、海外での就労が可能となっているため、費用面での負担がはるかに減り自由な生活設計を立てることができます。この制度の認知度もかなり上がってきて、多くの人が意義を認めるようになってきました。

ますます高まる海外経験の価値

これまで、ワーキングホリデーというとホリデーというその名前から休暇のイメージが強くついていましたが、実際は海外で様々な経験をすることができるという認知度が上がり、多くの企業などでもワーキングホリデーに対する評価は上がってきています。自分で生活設計を立てなければならないので、強う行動力を必要とする上に、費用に対する価値観や、就労経験など様々な海外での経験は、日本の企業でも即戦力として起用することができるという考えが浸透してきたからです。これは、今後グローバル社会がますます加速するにつれて、より浸透していくでしょう。こうした、行動力や決断力を必要とする力を備え、実際に経験している海外に向けた視野を持つ人物が評価されていきます。