海外で働く事が出来る~英語力を生かして海外で働KO!~

海外で働こう

ワーキングホリデーの評価

professional teaching

ワーキングホリデーというのは、二国間において定められた協定の一種で、海外での就労が許可されている特別なビザの一つです。若年層のみという年齢制限を除けば、費用面での負担が通常の留学などに比べてはるかに少ないので、海外へ出てみたいという意欲のある若者を中心に人気があります。ワーキングホリデーで渡航した場合、必ずしも働かなくてはならないわけではありませんが、費用を稼ぐために現地で就労する人が多くみられます。その他、休暇として過ごしたり学校に通ったりすることもできるので、自由なプランが立てられる一方、すべて自分の行動力にかかっていることから強う行動力や意志を必要とし、そうした経験をした人はこれからの時代において高い評価を得るでしょう。

あくまでもビザであること

ワーキングホリデーという制度は、他のビザに比べてかなり自由のあるビザと言えます。留学で多くの人が抱える費用という問題を就労を許可していることからクリアできますし、観光ビザ以上の長期滞在も可能です。通常は就労ビザを取るには非常に手間と費用が掛かり、また取得は厳しい条件があり簡単ではありません。ワーキングホリデーの場合は、年齢制限があるもののどんな人にも応募のチャンスはあります。ただし、あくまでもビザの一種であることは忘れてはならず注意が必要です。ビザが失効したら速やかに国を出なければいけなかったり、同じ国に対して複数回このビザを申請及び取得することはできません。また、このビザで就ける仕事の種類にも注意する必要があります。